60周年ご挨拶 MRidea vérité

お問い合わせ

スタッフブログ

スタッフ紹介を見る

大阪のマーケティングリサーチの専門機関、市場調査社のスタッフブログです。
日常生活でスタッフが感じたことや、弊社のサービスの紹介をしていきます。

最近のマイブーム(今井)2017年1月27日 金曜日

2016年で30歳を迎え、2017年から30代を駆け抜けていく私なのですが、現在まさかの小学生時代にはまっていた遊びに再燃しています。それは、同世代の男性ならご存知の方も多いはず……そう“ミニ四駆”です。

◆きっかけ

始めたきっかけは、とある深夜番組をみていると、世の中には“ミニ四駆Bar”なるものがあることを知り、「昔好きだったし1回行ってみたいなぁ」と思っていた矢先、バイト時代の知り合いと久々に飲みに行くと、なんとまさか既にミニ四駆をやっていた!そして、その日の二次会で、市内のミニ四駆Barに行って朝帰り…笑、というところが始まりでした。

◆ミニ四駆ブーム再来

実は、今(といっても数年前からのようですが)ミニ四駆は、子供たちだけでなく「ミニ四駆Bar」ができるくらい大人たちの間でも密かなブームとなっているようです。その歴史は、第1次ブーム(80年代)、第2次ブーム(90年代後半)、第3次ブーム(現在)があり、今はその第3次ブームにあたるそうです。そんなブームを繰り返すミニ四駆。なぜ今再び、第3次ブームと化しているのでしょうか。

image002

◆なぜミニ四駆にはまる!?

再燃した自分を内省してみると、要因として以下のようなことが浮かびました。

image004

ちょっとしたきっかけからBarで少し触って懐かしんだだけで終わらないのは、実はミニ四駆は大人の方が楽しめるような環境が整っていて、子供の時に遊んだ世代が大人になり…再び!ということなのかもしれません。

 

実際に遊んでいる場を見渡しても、今の子供たちというより、子供時代に『第1次ブーム』『第2次ブーム』でミニ四駆を楽しんだ大人たちが再び『第3次ブーム』を作り上げているように感じます。まさにドンピシャ世代である私も、第2次ブームからの復活組として、第3次ブームを牽引していきたいと思います!

image010 image008 image006

 

(今井)

“格安スマホ”は普及する!?(今井)2015年12月24日 木曜日

■“格安スマホ”への疑問

私事ですが、先日“格安スマホ”の申し込みをしました。

前々から「毎月安いんだろうな~」とは思いつつ、10年以上同じキャリアを使い続けていたせいか、キャリアを変えることに何となく抵抗があり、ましてや実店舗のない“格安スマホ”となると何となく不安で、なかなか決心できずにいました。

そんな私が重い腰をあげたのは、今月2年縛りの更新月で解約金が発生しないということと、少し前に“格安スマホ”にした妻の利用状況を見ていたことがきっかけでした。

妻の状況を見ていると、使い勝手はこれまでと遜色ないのに価格は1/3以下になるという驚愕の事実。純粋に「なぜもっと普及しないのか?」と、すごく疑問に思ってしまいました。

 

■“格安スマホ”に対する生活者の反応

ちょっと調べてみると…MMD研究所(Mobile Marketing Date Labo)が2015年3月30日に16歳以上の携帯電話(スマホorガラケー)所有(N=1,670)を対象に実施した「格安スマホに関する意識調査※1」によると、携帯電話所有者の9割は“格安スマホ”の名前は知っているのに、サービスの詳しい内容の認知は2割程度、利用者となると約1割に留まっているようです。現状は、名前だけが浸透している得体の知れないサービスに近い状態なのでしょうか?

“格安スマホ”購入予定者(N=318)の購入するにあたっての不安な点をみると「乗り換えがめんどくさそう」「契約がわかりにくそう」「実際に安くなるのかわからない」「サポートが良くなさそう」などが上位にあがり、“格安スマホ”を利用・購入したくない人(N=266)の理由では「今の携帯会社が安心だから」が56.8%と突出して高くなっています。

「既存キャリアに対する安心感」と「得体の知れない“格安スマホ”に対する不安感」は、私含め多くの生活者が感じているようです。“格安スマホ”の普及は、この心理的なギャップを乗り越えないとなかなか進まなさそうです。

 

■浸透するのか!?“格安スマホ”

image001

これまでの市場になかった革新的な商品・サービスは、右図のような「イノベーター」「アーリーアダプター」といわれる層までは浸透しやすいが、それ以降の市場に浸透させるには、超えなければならない大きな裂け目(キャズム)があると言われています。

キャズムは各層ごとの心理的な違いから発生し、超えるためには「①具体的かつ実利的な目に見える成果」

「②工夫なしに簡単に使えるユーザーインターフェイス」が必要不可欠だそうです。※2

上記の調査結果を見ていると、“格安 スマホ”は今まさに「キャズム」の真っ只中にいるのかなと思わされます。今後さらに普及させるためには、「①実際に安さを体感(目に見える成果)」「②簡 易な手続きや、充実したサポート(工夫なしに簡単に使える)」というような要素から、安心感を醸成させることが必要なのでしょうか?

最近、大手キャリアの長期利用者と新規利用者の不公平感を緩和しようと、国が色々と試行錯誤しているニュースを目にしますが、前述した生活者の“格安スマホ”に対する不安感を払拭できれば(首相が「“格安スマホ”使ってます!解約/申込みも簡単で、毎月の支払も安くなりました!」みたいなことを発言する…とか。笑)市場浸透が進み、自ずと大手キャリアも価格を下げなければならない状況に追い込まれるような気もしてみたり…

今後の“格安スマホ”の浸透がどうなるかはわかりませんが、自分が“格安スマホ”ユーザーになった今、いずれは「キャズム」を超えて市場にしっかり浸透していくことを陰ながら応援しております!

※1:MMD研究所のHPより引用https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1419.html

※2:「ジェフリー・ムーアの「キャズム理論」がわかる本」より引用

スタッフ

バックナンバー

ページ上部へ

〒550-0004
大阪市西区靱本町1丁目7番3号
PAX本町ビル
インターネットからのお問い合わせはこちら 06-6449-1595(代)