60周年ご挨拶 MRidea vérité

お問い合わせ

スタッフブログ

スタッフ紹介を見る

大阪のマーケティングリサーチの専門機関、市場調査社のスタッフブログです。
日常生活でスタッフが感じたことや、弊社のサービスの紹介をしていきます。

AIによる市場調査社の組織力(中野)2018年9月21日 金曜日

ここ最近、AI(人工知能)のことがよく話題になりますが、IBMがワトソンという自社開発のAIをWEB上で体験できるデモを提供しているのはご存知ですか?

 

今回は、下記リンク先のデモの性格分析を使って、弊社のブログを執筆者別に分析してみました。対象となるのは10名です。

Personality Insights

hhttps://personality-insights-demo.ng.bluemix.net/

 

やり方は簡単。テキスト入力で任意のテキストを選択し、テキスト入力欄に各人のブログの文章のコピーを貼り付けます。古参メンバーは10本以上記事があるのですが、全部コピーするのは大変なので、直近の2本分だけにします。

分析ボタンを押すと、結果の説明と傾向、あとは個性・欲求・価値のスコアが出ます。

 

画像1

上記の画像はワトソンのサンプルですが、こんなふうに結果が出ます。

 

■個性

この尺度は、「知的好奇心」「誠実性」「外向性」「協調性」「情緒不安定性」という5つの軸で性格を推定するもので、心理学の分野では世界的にスタンダードなものだそうです。

 

各人のスコアの平均をレーダーチャートにしてみました。

 

画像2

 

スコアは「90%だとすると、100人の人がいた時に自分より数値が高い人が10人いるということを意味している」とありますので、市場調査社は「知的好奇心」が非常に高い集団ということになります。「協調性」が低いのが気になりますが…

ちなみに、「協調性」とは“他人に対して思いやりを持ち、協力的な態度を取ろうとする個人の傾向”のことだそうです…。Ohh!

 

■欲求

“欲求”は項目数が多く、レーダーチャートに不向きなので、最も高い項目をカウントしてみたところ、「理想」がトップになる人が半数でした。

 

■価値

“価値”の尺度は、マーケティング界ではしばしばお目にかかるシュワルツの価値理論が使われています。

以下が“価値”の結果です。

 

画像3

 

今度は打って変わって寂しいフローチャートになりました。「変化許容性」が唯一50%を超えています。「自己増進」は“成功をつかむ”、「自己超越」は“人を助ける”を表すそうなので、まあバランスでいうと悪くはないというところでしょうか。

 

■傾向

せっかくなので、右上に出ている傾向もカウントしてみました。

10名のうち、半数以上が当てはまる傾向は以下のとおり。

 

(傾向がある)

・社会貢献のためにボランティア活動をする

・自動車を買うときには維持費用を重視する

・ノンフィクション作品を読む

・歴史映画を好む

 

(傾向が低い)

・商品を購入するときは家族の影響を受ける

・商品を購入するときは商品の実用性を重視する

・娯楽雑誌を読む

・ホラー映画を好む

 

わりと現実主義で、面白味がないかもしれません。

 

さて、皆さんが想像する市場調査社の中の人らしい結果だったでしょうか。

いいところも悪いところもありますが、弁解すると、ブログはかしこまったことを書く場ですので、愉快な側面は出にくい傾向があります。

是非、弊社スタッフと直接触れ合って、結果が合っているかどうか確認してみてください。

 

(中野)

個人の身近なマーケティング(今井)2018年8月2日 木曜日

突然ですが皆さん、「Anyca(エニカ)」というカーシェアアプリをご存知でしょうか?

以下のようなカーシェアリングサービスなのですが、

 

無題

”乗ってみたい”に出会えるカーシェアリングアプリAnyca(エニカ)

一般のオーナーさんが所有するあのクルマに乗れるから気分や

シチュエーションに合わせて、幅広いバリエーションのクルマを自由に

選べるAnyca(エニカ)は、そんな新しいカーシェアリングサービスです

(※ホームページより https://anyca.net/beginner

 

 

そんな「Anyca」が、少し前にテレビで紹介されていて初めて知り、私も、好きな車や珍しい車に乗ってみたいなということもそうですが、たまにしか乗らない自分の車もシェアして使ってもらいたいなということに興味を持ち登録してみたのです。

(↓私の登録画面抜粋)

2

自分の車を登録する際に必要な項目として「自分自身の紹介」

「車の紹介」「利用価格」「エリア」などなどがあるのですが、

同じような車のシェア登録している人もたくさんいるので、

自分の車を選んでもらうためには何らか工夫が必要だなと

考えていると、それってまさにSTP・4Pという

マーケティングフレームを考える行為だなと思ったのです。

とりあえず、自分の車登録の際に、イチ利用者として自分が借りたいなと思う人・車を参考にしつつ、少しでも多くの人の目に留まるように試行錯誤し登録してみました。笑

 

そんなことをしながら改めて考えてみると、フリマアプリの出品やSNS・Youtubeなでのフォロワー数稼ぎなんかもまさに同じような思考が必要だなと思うと、マーケティング的な視点でものを考えるシーンがすごく身近なものになってきているんだなと感じます。

「Anyca」でたくさんカーシェアされている人、フリマアプリでたくさん購入されている人、SNSでたくさんフォロワーがいる人などは、何か他の人と違うベネフィットが提供されていて選ばれているんだろうなと思うと、その理由を考えることなんかもマーケティング思考を養う一助になるのかもしれません。

私も、そんな人たちに学んだり、日常でも少し意識してマーケティングフレームを活用してみたりなど、仕事・プライベートともにマーケティング思考力をもっと養っていきたいと思います!

(今井)

スタッフ

バックナンバー

ページ上部へ

〒550-0004
大阪市西区靱本町1丁目7番3号
PAX本町ビル
インターネットからのお問い合わせはこちら 06-6449-1595(代)