60周年ご挨拶 MRidea vérité

お問い合わせ

スタッフブログ

スタッフ紹介を見る

大阪のマーケティングリサーチの専門機関、市場調査社のスタッフブログです。
日常生活でスタッフが感じたことや、弊社のサービスの紹介をしていきます。

“つながり”を実感するコミュニケーション~固定電話からfacebookまで~ (立田)2011年11月28日 月曜日

前回のブログ(20114月)では、震災をきっかけに“つながり消費が増えるのでは!?”みたいなことを書かせてもらいました。家族、友人、仕事仲間など人との“つながり”を確認・実感するための消費活動ですね。
私自身、3.11以降、震災の影響なのか、はたまた年齢のせいなのかは非常に微妙ですが、大学時代の学部の友達と京橋でプチ同窓会をしたり、大学の部活の同窓会に新幹線で広島まで出向き飲むは食べるは泊まるは。。。家族とのプチ遠足気分のお出かけも増え、奥様と二人でケーキを食べにいったりと、“つながり消費額”は確実に増えました。
皆さんはいかがでしょうか?
今回は、“つながり”を実感するコミュニケーションについて感じていることを書かせていただきます。
■固定電話
20・30代の人には信じられないかもしれませんが、私が幼稚園に通うか通わないかの時代(今から四十数年前)、家には電話がありませんでした。近所で1軒だけ持っていて、緊急の連絡が必要なときには、その電話をお借りしていたのをかすかに記憶しています。
小学校に入るころから、固定電話は各家庭に普及していき、ほぼどの家庭にも固定電話がつながっている状態となっていきました。
当時、電話がかかってくると「誰からだろう!誰が電話してきてくれたんだろう!」とワクワクしていたものです。
高校・大学時代には、彼女(現妻)からの電話を待ち焦がれていた経験もしました。
大原麗子さんのサントリーレッドのCM「少し愛して、ながく愛して。」(電話編)、まさしくあの世界ですね。

この時代、固定電話は“つながり”を保つ大切な
コミュニケーションツールだったと思います。
■携帯電話
私が社会人になって10年弱、急速な勢いでみんなが携帯電話を持つようになりました。「いつでも、どこでも、だれとでも」つながることが出来る画期的なコミュニケーションツールの登場です。
携帯電話を買った日、用事もないのにわざわざ散歩に出かけた上で知り合いに電話したのを記憶しています。あの高揚感は今でも忘れられません。
■メール、そしてソーシャルメディアへ
その後、PCでも携帯電話でも「メール」でのコミュニケーションが我々の生活に浸透。そして現在はfacebooktitterといったソーシャルメディアも。
■コミュニケーションのカタチの変化
メールやソーシャルメディアは、自分が発信したいタイミングで発信。
受け手もまた同様に、自分が見たい・見れる時に見て、返信できる・反応したいタイミングで発信。非常に心地よい“非同期のコミュニケーション”ができます。
特にfacebookなどでは、ブログなどと違いかしこまる必要もなく、気軽に発信したいときに発信して、また見る側もいつ見てもいいし、見なくてもいい。「コメント」を書き込んでやや深くつながってもいいし、「いいね!」ボタンで緩くつながってもいい。
誰に強制されることもなく、世界中どこにいても、いつもそばにいるような“緩やかな心のつながり”を保ち続ける。
これがあまりにも浸透すると、心理的には、固定電話や携帯電話が非常に“威圧的なツールである”という方向にポジションがシフトしてしまうように思います。ビジネス上の電話は別にして。
つまり、固定電話や携帯電話の呼び出し音は…
「私はあなたに用事があるから、あなたはすべてのことを中断して、今私がかけているこの電話に出て私と向き合いなさい」という意思表示、と。
最近では、休みの日に携帯電話(スマホ)に電話がかかってくると(大げさに言うと…)、
「えっ、携帯電話(スマホ)に電話がかかってきた! なんでぇ~」
という感覚にまでなってしまっている自分がいます。そもそも“電話”なんですけど。。。
新しいコミュニケーションツールが出てきて、初めて気付くこの感覚。
環境が変われば、生活者の感覚は知らず知らずの間に変わっていくのですね。
これからは、“非同期のコミュニケーション”が、人々の“つながり”を支える時代なのでしょう。
そして、非同期のコミュニケーションツールもまた、「メール」から「ソーシャルメディア」へ幅が増えたように、今後も変化し続けるのでしょうか。

 (立田)

小さな町おこし(中野)2011年10月31日 月曜日

◆ある町への来訪 
先日、友人がバーの一日店長をするというので、野田の地獄谷というところへ行ってきました。
地獄谷というのは正式な地名ではなく、あくまで地元の人が呼ぶ通称で、由来はいく通りかあるもののはっきりしたことは分からないようです。
阪神野田駅近くの商店街の横手に人が1人やっと通れるくらいの狭い路地に昔ながらの居酒屋(スナック?)が軒を連ねるなかなかDEEPな場所です。
その中には、古い建物をリフォームした新しいお店も何軒かあり、その中の一軒にお邪魔しました。

このお店は地元の商店街の会長さんたちが出資して開いたお店で、隠れ家的存在でありつつも、このエリアを盛り上げようと、いろいろ画策されているようです。
お客さんも野田の地域活性化イベントがきっかけでやって来たという女の子がいたり、地元の方同士が情報交換をされていたり、なかなか面白い空間でした。

(写真の画質が悪くて宣伝になりそうにないので店名の公開はやめておきます(^_^;)
興味のある方は「野田 地獄谷」で検索してみて下さい。ウイスキー類が充実しており、お手頃価格で試せます。)
ちょうどハロウィンイベント中でした
◆大阪の町おこし

地方都市での町おこしと言えば、比較遠くに住んでいる人をお客さんとしてひっぱってくるのが目的になりますが、 大阪市のような交通のよい都市であれば、地元出身ではないけれど縁があって住んでいる若い世代や、大阪や兵庫など電車で1時間圏内の居住者をひっぱってくるだけで十分な町おこし、地域活性になるのだなと改めて思いました。
大阪市内の同様の取り組みとして、からほり商店街や中崎町などで古い建物をリノベーションし、若い世代がお店を開いたり、アート系のイベントを行ったりしていますが、町を気に入った人が移り住んだりして、実際に地域活性に一役買っているようです。

こうした地域活性化活動が蓄積・集約、さらに地域外、関西在住以外の人にも周知されれば、大掛かりな集客ツールを使用しなくても、大阪に行ってみたい人が増えるのではないかと思いました。

個人的に、魅力的な観光資源(の発見または開発)や、興味喚起させるためのツール(最近人気のゆるキャラなど)を使った町おこしは、「地域にお金を落として欲しい」「あわよくば住んで、自分たちの生活をよくして欲しい」という他力本願的なところが見えるような気がして、食傷気味なのですが、そこに住んでいる人が実際に楽しんでいて、さらに「いいよ」と勧めてくれると興味を持てる気がします。

観光客には奈良や京都にスルーされ、宿泊場所としての価値しかないと思われているのではとさえ思われる大阪ですが、他エリアや諸外国への観光PRにあたっても、地域の人がその土地に愛着を持っているか、自信を持って勧められるかどうかが意外と鍵なのではないかと思います。

「大阪の観光スポットを教えて」と聞いたときに、 「大阪城」「通天閣」「USJ」と自信なさげに挙げられたとしたら、「1回行ったからもういいかなあ~」と思われても仕方ない。
(もちろん上記の観光スポットにも魅力はありますが…)

住んでいる人にとって魅力のない町は、他の人から見て魅力的に映ることは少なく、そりゃ行きたくはならないよなあと、改めて思い直しました出来事でした。

スタッフ

バックナンバー

ページ上部へ

〒550-0004
大阪市西区靱本町1丁目7番3号
PAX本町ビル
インターネットからのお問い合わせはこちら 06-6449-1595(代)