60周年ご挨拶 MRidea vérité

お問い合わせ

スタッフブログ

スタッフ紹介を見る

大阪のマーケティングリサーチの専門機関、市場調査社のスタッフブログです。
日常生活でスタッフが感じたことや、弊社のサービスの紹介をしていきます。

妖怪ウォッチのブームについて(佐藤)2014年8月26日 火曜日

ご存知の方も多いと思いますが、妖怪ウォッチが巷で大人気になっています。
我が家の小2の息子も、たまたまテレビで1回目の放送を見て以来、毎回録画しては同じものを繰り返し見るほどはまっています

また、「テレビアニメ」以外にも、「ゲーム」「妖怪メダル(おもちゃ)」「関連グッズ」など、興味を示す範囲は拡がる一方です。
そんな息子を虜にしている
妖怪ウォッチですが、息子の例を参考にヒットの要因を考えてみたいと思います。

①わかりやすい内容
妖怪ウォッチに登場する妖怪は、名前や見た目がわかりやすいのが特徴的です。例えば、なんでも諦めちゃう「ムリカベ」、トイレが我慢できない「モレゾウ」、食べ物好きな「ひも爺」。名前を見ただけでもイメージが付きやすく覚えやすいようです。

 

②インパクトの強い歌
テレビアニメやゲームでは「ゲラゲラポーのうた」「ようかい体操第一」という歌が振り付けありで流れるのですが、子どもが聴く度に一緒に踊りながら歌っているので、分かりやすく頭に残りやすい、インパクトの強い歌だと思います。今年の紅白に出る可能性があるかも?

③複数のメディアで展開
「テレビアニメ」だけではなく、「テレビゲーム」「アーケードゲーム(ゲームセンター)」「漫画・コミック」「妖怪ウォッチ(時計型のおもちゃ)」「妖怪メダル(妖怪ウォッチにセットすると音声が出る)」「ガチャガチャ」「お菓子」など、多岐に渡り、テレビやコンビニ、スーパー、書店、ゲームセンターなど、出掛けると色んな場所で目にし、子どもにおねだりされます(笑)

④等身大のキャラクター
登場するキャラクター(主人公など)は、ヒーロー的な存在ではなくごく普通の小学生。ドラえもんのジャイアンのようないじめっ子キャラも存在せず、現代風な感じがします。また、妖怪も古典的で怖いものではなく、ダジャレなどのネーミングでどことなく親近感のあるものです。ストーリーは色んなものをパロディ化している部分もあり、笑う要素が随所に見られます。そして、妖怪を退治するのではなく、仲良くなることが目的であり、争うことなく進み、子どもが理解しやすい内容です。

⑤コレクション要素

アニメの中で主人公が使う「妖怪ウォッチ」と「妖怪メダル」。それと同じものがグッズ化されており、特に「妖怪メダル」は子どもでも手の届く200円ほど(2枚入り)の値段で売られています。メダルは「妖怪ウォッチ」にセットすれば、アニメと同じように音楽が流れ、音声も出ることが面白いようです。
また、メダルは種類も多く、レア度も異なることからコレクション性が高く、だぶっても友達と交換することも楽しんでいるようです。ただ、売り切れが続出しており、高値で売買されているのが悲しい限りですが

今後もしばらく、このブームは続きそうです。
そして、子どもがいつまで
妖怪ウォッチにはまり続けるのかも気になるところです。
(佐藤)

リーダーに必要なモノとは?(浜本)2014年7月7日 月曜日

最近あまりテレビを見る機会がなく、特にドラマのような毎週欠かさず観ないといけないような番組とは、特に無縁でした。

そんな私がはまってしまった番組が、大河ドラマ「軍師 黒田官兵衛」です。
元々、日本史好きで、特に戦国時代の武将達の生き様には魅力がいっぱい。

 「黒田官兵衛」を観ながら感じたことを書きたいと思います。

と言っても主人公の官兵衛ではなく、官兵衛が仕えた「羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)」について感じたことです。

ドラマで描かれている「秀吉」は「戦のない世の中を作るため、天下統一を目指す」という「織田信長」のビジョンに魅かれ、自分の役割を果たすべく邁進しています。「秀吉」が優れているなぁと感じるのは、家臣達の心の掌握力です。

時代が時代だけに家臣達は「秀吉」のために命を懸けて自分達の使命を全うする訳ですが、「信長」のそれとは全く異なるのかなと。

現に「信長」は家臣である「明智光秀」の謀反によって本能寺で最期を迎えます。
ドラマでは徹底した冷酷主義で目的の達成のためなら家臣も切り捨てる風に描かれています。
一方、「秀吉」はというと人間味溢れる血の通った男といった印象です(演じている竹中直人のキャラも影響している性もあるかもしれませんが)。

「秀吉」がリーダーとして優れていると感じるのは以下の点です。
『決して自分の地位におごらない』
ドラマの中で自分の家臣に対して、秀吉はしばしば頭を下げています。
自分が至らなかった場合、相手への感謝の意とシーンが様々ですが、この時代において家臣に対して頭を下げる謙虚さに、あっぱれ!
『信念を貫く』
秀吉はご存知の通り、元々は足軽(または農民)の出。信長の家臣は由緒ある武家の出が多く、他の武将からはさげすまされていました。しかし、合戦のやり方等、他の武将の考え方が間違っていた場合は憶することなく意見を申す。この時代において自分より位が上の人に物申す度量の大きさに、あっぱれ!
『他人の意見を聞き入れる』
秀吉は軍師である「黒田官兵衛」「竹中半兵衛」の進言を実によく聞き入れます。
互いが強い信念を持ち、相手を信頼し、尽くすのです。この時代に家臣を心の底から信頼し、家臣に尽くした誠実さに、あっぱれ!
『ビジョンを語る!!』
秀吉は「黒田官兵衛」や「竹中半兵衛」に「戦のない平和な世の中をつくりたい」「万人が豊かに暮らせる国にしたい!」そのための天下統一の必要性を彼らに語り続けています。
夢を口にして、熱く語れる、その情熱に、あっぱれ!
その他にも、
『家臣を褒める』『仕事を任せる』『差別をしない』『運をつかむ』など秀吉の人間像を挙げていくだけで、間違いなく優れた「リーダー育成本」が完成すると思います。
このような素養を持つ秀吉が、後に天下人となったのは、必然的なことだと感じています。
信長が圧倒的なカリスマ性で「天下統一」の原動力となり、そのきっかけを作ったのは間違いのないところだけど、天下統一に至らなかったのは、リーダーとしての素養に何かが足りなかったのだと感じるのです。

その足りないものを秀吉は持っていた。私はそう感じました。また秀吉は今の世の中(現代)においても、きっと素晴らしいリーダーに成り得たのだと疑う余地がありません。
ドラマを観ながら「秀吉」スゲー!あんな人に成りてー!と自分の至らなさにつくづくと気付かされるのです。
(浜本)

スタッフ

バックナンバー

ページ上部へ

〒550-0004
大阪市西区靱本町1丁目7番3号
PAX本町ビル
インターネットからのお問い合わせはこちら 06-6449-1595(代)