60周年ご挨拶 MRidea vérité

お問い合わせ

マーケティングとは

「マーケティング発想」とは何か

たとえば、あなたの日頃の行動を思い出してください。

1マーケティング活動は、モノを売り切ることだと考えていませんか。
2新規顧客の獲得を重視しすぎて、既存の顧客をおろそかにしていませんか。
3ターゲットが誰なのか、はっきりしないまま販売していませんか。
4顧客が望んでいることを本当に理解していますか。
5技術や製品が優れていれば、必ずモノは売れると考えていませんか。

マーケティング発想とは単にモノをたくさん売ろうとすることではありません。
また、売上が上がればそれでよい、というものでもありません。

売上を上げると同時に利益を上げていく、
そのための効果的な仕組みをどう作っていくのかを考えることが重要なのです。

マーケティングの優れた企業は、
すなわち「顧客の気持ちをつかむことに長けている」企業です。
まずは思い込みを捨て、顧客が望むものとは何か、
それを提供できる仕組みを作ることが真のマーケティング活動といえます。

「モノを提供するのではなく、価値を提供する」という思考

“人が欲しいのはドリルではなく、そのドリルの開ける穴だ”という有名な話があります。
生活者は製品を知り、購入し、生活の中で実際に利用して、
その価値を実感することで、初めてその製品を評価することができます。
企業は「モノを作る」という視点で考えがちですが、

本当に必要なのは、その製品を生活者がどのように捉え、
どのような価値を見出しているのか、を見極めることです。

それを見極めるには、生活者の生活様式や意識がどのような方向に向かって
変化しつつあるのかを正確に理解する必要があります。

マーケティングプロセスとは何か

マーケティング戦略を考えるには、まず製品をとりまく環境(マクロ/ミクロ)を整理し
市場の機会を見つけ出さなければなりません。
そして以下のプロセスに基づいて、“誰に”“どのような”価値を提供するのかを規定し、
それをどのように顧客に提供するかの施策を練り上げます。

顧客をしっかりとセグメントし、そのセグメントされた顧客層が本当に“欲しい”と思うものは何かを、彼らの生活や
意識の中から読み取り、製品をとおして顧客に提供する価値を規定します。

Product(価値の構築)

Price(価値の構築)

Place(価値の構築)

Promotion(価値の伝達)

・パフォーマンス
・ネーミング
・パッケージ

価格受容性
・コストパフォーマンス
・利益最大化のプライシング

・流通選択
・売り場作り
・リベート

・情報流通
・ロジスティクス

【広告】
・コミュニケーションターゲット
・広告コンセプト
・広告表現開発
・コピー開発
・メディア選択

【SP】
・値引き
・キャンペーン
・サンプリング

【営業・その他】
・ネーミング・パッケージ

創出されたコンセプトに見合った製品を作り、その製品の持つ世界観を広く生活者に提案します。

製品の価値は顧客の中で一定期間を過ぎると陳腐化してきます。
常に顧客の心を刺激し価値を提供し続けられる“生きた製品”であるためには、
市場導入後もマーケティング監査を繰り返し、
リニューアルを重ねることで、製品の価値を維持し続けなければなりません。

「顧客を知るとはどういうことか」

ページ上部へ

〒550-0004
大阪市西区靱本町1丁目7番3号
PAX本町ビル
インターネットからのお問い合わせはこちら 06-6449-1595(代)